お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

肉体の年齢と魂の年齢

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


JUGEMテーマ:カウンセリング


スピリットの法則では

肉体の年齢とたましいの年齢が

あるといわれています。


人は、肉体の年齢と、たましいの年齢を持っています。

たましい自体が年齢を重ねている人、

何度も再生を重ねてたくさん訓練をつんでいる人と

そうではない未熟な人がいるのです。


相手が人間的に下品な場合、たましいの年齢が若いと考えるそうです。

子供と同じです。

子供だから、悪戯もひどいし、残酷なことを言ったりもします。

はちみついろの母のように。

そんな人に目くじらを立てて

悪口をいっている間は、相手と同じレベルです。


嫌われるようなことしかできない。

気の毒な人だと、自愛を持ってみてあげましょう。

たましいの視点で相手を見ると

すべて乗り越えられるそうです

江原啓行さんの本に書いてあります。

本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋 (王様文庫)


人から理不尽なことされるとつい悪口言いたくなりますが

悪口言ってもその場は気持ちが晴れても

あとでさっぱりしないものが残ります。

確かに気の毒な人と、思っていたほうが

うわてのような気がします。


そうです。

ものごとはシンプルに考えたほうが案外

解決方法が見つかるかもしれません。

その点、体は正直なので体にきいてみるのもいいかもしれません。

体からのメッセージ


例えば、はちみついろの親の件。

以前、いろいろかかわって咳が出て直らなかったのです。

苦しくて苦しくて。

でもいろいろ難しく考えて悩んでもしかたないんです。

いいんです。

いやならつきあわなくても。

無理にあわせなくても。

これだけではちみついろは

かなりスッキり、体調もよくなりました。


はちみついろのとっていま大切なのは

自分の家庭をしっかりさせることが

重要なこと。


シンプルに、考えるとポンと

答えが見つかったりします。

本当に必要なことが見えてきます。


もしも、あなたが悩みを難しく考えているのなら

まずは、深呼吸をして。シンプルに。

後に回しても、うまくいくかもしれません。

ちょっと、立ち止まって考えてみてください。


魔法ヒーリングは、

ACの生きづらさで苦しんでいるあなたに

役立つ心のあり方の教材です。

自分セラピーが自宅で簡単にできる幸運を引き寄せて夢を叶える10の魔法ヒーリング



あなたがほっとして豊かさを

引き寄せはじめるお手伝いができたなら

はちみついろも幸せです。


今日も、最後まで読んでいただき

ありがとうございました。


★夢を叶えるのに役立つ情報★

自分セラピーが自宅で簡単にできる幸運を引き寄せて夢を叶える10の魔法ヒーリング


あなたの人生の素晴らしい可能性を教えてくれる無料資料請求は、こちら

「アガスティアの葉」今なら先着で書籍プレゼント中!




勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

アダルトチルドレンのための励まされて勇気が湧く音楽の泉のメルマガ登録





人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村











スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • 14:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック