お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

ACが感情表現を学ぶ大切さ

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


JUGEMテーマ:カウンセリング



ある雑誌で興味深い記事が載っていたので紹介します。

野村萬斎さんのインタビューのなかで

「怒りの感情表現」についてです。

野村萬斎さんはNHKの「にほんごであそぼ」

にも出演されていた狂言師のかたです。


子供向け狂言のワークショップに関しての質問で


ここから


「狂言には喜怒哀楽を示す型があるんですがそういった手法が

こどもの感情の発散を助けるんですよ。

例えば最近キレる子どもが多いのですがこれは

「堰を切る」という言葉があるように

たまったものが一度にあふれてしまう状態だといえます。

キレる前にエネルギーを発散させるべきで

こういうことは大人がある程度教えないとできません。

(中略)子どもたちは狂言の型を通じていろいろなことが表現できる、

こんな面白いことも表現できる、と学びます。

つまり、自分を表現する方法、

個性をどう表現するかを教えているのです。

個性が大事とよく言いますが教えないで

やれといわれても難しいですよね。


以上ここまで


つまり、ACに必要なものはこれだったのです。

虐待にあっていたACは子どものとき自分の感情を

素直に表現することができませんでした。


それは安全ではなかったからです。

だから子どものとき感情の表現というものを

学び損ねてしまったのです。


なので次の3つのことを自分自身で

学びなおさなければならないと

はちみついろは思うのです。



1.自分を表現する方法を見つける

2.親から教えてもらえなかったいろいろな感情表現のスキルを学ぶ

3.発散方法を自分で捜す


という3つのことが大事なのです。


1.はACの本を書かれている西尾和美さんのなかに

「自分を表現するために絵を描いたり、踊りで表現する」

という方法がでてきます。

西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



また渡邊満喜子声をめぐる冒険―ヴォイスヒーラーの実践をとおして (CDブック)


のなかに「歌で自分を表現してその人の心理状態をみる」

という方法が紹介されています。

これも自分を表現する方法だと思います。



はちみついろは、

自分を表現する方法は洋裁でもいいかなと

思って一年前から取り組んでいます。

まずはできるところからはじめるということです。



2.スキルに関しては以前紹介した

子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方

の本のなかに順をおって説明してあります。

ただ人によって抱える問題は違うので

セラピーが必要になることもあるかと思います。

それはあなたがご自分で判断されてください。



3.に関しては個人の好みもあるので

自分で見つけるといいと思います。

はちみついろも発散方法を模索しています。


回復は急には進みません。

自分にやさしくしてあげてください。

自分を信じ、認めてあげましょう。

そうやってはちみついろも

自分自身に言い聞かせながら歩んでいます。


染みついてしまった悪い価値観を書き換えるには
  ↓
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録



人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへにほんブログ村




関連記事
ACの家計図は役に立つ?



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック