お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

人間関係がうまくいかないのは

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします

JUGEMテーマ:カウンセリング


はつみついろには小学生の子供がいる。

子育てをしていて一番苦しかったのが幼稚園時代。


はちみついろは幼稚園のお母さんたちのお付き合いが

苦手でなるべく幼稚園には行きたくないのだが

子供はどの子もお母さんが来るのを

とても楽しみにしているので行かないわけにはいかない。


だからいつも気力を振り絞っていくのだが

帰ってくるとどっと疲れるのだ。

でなければ自分に対していらだちを感じたり、

自分自身が情けなくなって泣きたくなるのだ。

たぶん精神が不安定だったのだと思う。

上の子の幼稚園デビューに失敗してから

余計その感が強くなったようだ。


これは今に始まったことではない。

子供時代からずっとそうだった。

でも学校やアルバイト先、会社では自分を

無理矢理我慢させてずっときたのだ。

家に帰っても安心感ややすらぎなどと

いうものは存在しなかった。


いつも自分を追い立て責めて

その環境に押し込もうとしてきた。


結婚相手にしても親が「もう誰でもいいから結婚しなさい」

と責め立てたときには自分の気持ちさえわからなくなっていた。


幸い将来の伴侶があらわれて結婚できたわけだが

それまではどこにもはちみついろが安心して

休める場所というものはなかった。


だから結婚当初はよく夢でうなされたし、

不安でたまらなかった。


いま結婚生活が10年を超えて

最近ようやく「嫌なことは我慢しなくてもいいのだ」

と思えるようになってきた。

むろん最低限のことはしなくてはいけないけれど

いままで押さえつけてきた気持ちから

ようやく解放されようとしているのが

実感として湧いてきたように思う。


人が怖いのは相変わらずなのだが

はちみついろを認めてくれる人もいるんだと

思うことで恐怖心を取り除いていきたいと思う。


そして母から言われ続けた

「人間関係がうまくいかないのはあんたの性格が悪いからだ」

と言う言葉を破り捨てたいと思う。


いままでずっとそう信じ続けたのは間違いで

「不全機能家族だったからそうなったのだ」

と改めて自分にいってあげたいと思う。


いまのはちみついろにとって「アファメーション」は

かかせないアイテムである。

少しづつ自分の記憶を塗り替えていく

作業を地道にやっていきたいと考えている。



自分を見つめなおすには
  ↓
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


関連記事
精一杯生きるということ



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック