お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

生きづらいのはなぜ?

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします

JUGEMテーマ:カウンセリング


アダルトチルドレン(AC)の特徴のひとつに

「ACは何が正常であるかをつねに推測するが

“これでいいのだ”という確信が持てない。」

というのがあります。


ACの知っている“家庭生活”とは「少しヘンじゃないか?」というものから

「生き地獄」のようなものまでさまざまあります。

はちみついろの家は、「生き地獄」そのものでした。

普通の家族にみられないような緊張状態が

いつも存在し、横たわっていました。

「普通」を経験したことがないはちみついろにとっては

「何が“普通”なのか」

がいまでもよくわからないのです。


また、機能不全家庭でのつらすぎる現実の日々をやり過ごすために

はちみついろは「実現することのない空想の世界に生きる」

ということをしていました。

物語で言えば「小公女」「赤毛のアン」が好きでした。

辛い境遇の少女に自分を当てはめていたのだと思います。

そして空想の世界にはいることでつらい子供時代をやり過ごし、

防衛法をとっていました。

けれどもこのようにまったく「今・ここ」でない空想に

焦点を当てて日々を生きていることが

「何が“普通”なのか」ということに対する混乱を

いっそうひどくしました。

つまり日常生活においても「もし…だったならば」

と考えるわけです。


「もし父が優柔不断でなかったら母が優しくなるのに」

「もし家にお金さえあれば母の機嫌がよくなるのに」

「もしはちみついろが完璧ないい子になりさえすれば母がほめてくれるのに」

(実際にはどれも無理なことです)

など決して現実化することのない

「もし…」をベースに空想に生きつづけることによって

つらい現実からの逃避し、

空想によって「現在の自分」のあらゆる不満に対する

「説明」を穴埋めします。

そして現実から離れ、自分を無理やり納得させるわけです。


でも学校や社会で現実の世界とずれや隔たりができ、

頭の中でいろいろなことを推測して防御しようとするため、

ワンテンポ人より遅れてしまうのです。

そのため、頭の中では、ものすごい勢いで頭は回っているのに

のろまだの、とろいだの、

言われていました。

そして人間関係のなかで爪弾きにされるのです。


本の中の項目にあてはまる点が多いようであれば

あなたはアダルトチルドレンかもしれません。

アダルト・チルドレンと癒し―本当の自分を取りもどす


自分を見つめなおすには
  ↓
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


関連記事
女子に嫌われる女子

なぜACは生きづらいのか?


スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • 09:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク