お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「あんた、どんくさいのよ」

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


まほうのじゅもん その3 

すべてはうまくいっている


人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:カウンセリング


大学2年生になって少し学校に慣れてくるとバイトは短期ではなく、

長期もしたほうが経済的に安定すると思い始めていた。

休みはもちろんめいいっぱい働くつもりだった。

そしてはちみついろは学生時代にしかできないことをやろうと思っていた。

また、レッスン代を稼ぐためにも働かなければと感じていた。

クラスメイトたちは地方のお金持ちの子が多かったので働らく必要はなく、

みんな学業に没頭していた。

だからはちみついろのようなバイト組がバイトに精を出すのが理解できないみたいだった。

でも自分の立場を考えると彼女たちと同じという訳にはいかなかった。

毒母から

「お父さんが倒れたらあんたは学校をやめるんだからね」

と言い渡されていたし、

子ども時代の家族の連続して病気になった経験がいっそう現実味を帯びて

その言葉ははちみついろの胸に刺さっていた。

いつもこうしたときにはちみついろは絶望感を感じるのだが

でもすぐに「先はわかんないけどがんばろう」と顔を上げる

自分がいた。

だからバイトも前向きに考えようと思った。

クラスメイトの中でTちゃんも働いていたし、

帰る方向が一緒だったのでいつしか同じバイト先で働くことになった。

いわゆるファーストフードの店である。

Tちゃんは自宅近くのファミリーレストランでもバイトしていた。

Tちゃんが1年生のとき、5月病になったときも学校に来ないで

バイトしていたというくらい彼女には接客業があっていた。

それに比べてはちみついろはその仕事が苦手だった。

元気に挨拶もしたつもりだし、まじめに働いたつもりだった。

でも仲間内では無視されたり、失笑されていた。

店長はとても気まぐれで機嫌のいいときもあれば、気難しいときもあった。

そして機嫌が悪いとまわりに怒鳴り散らした。

みんなこれによく反応して柔軟に対応していた。

そしてこの下には副店長がいた。

副店長はとっても太っていたが店の中で精神的に一番安定していた。

店長がぴりぴりすると「まあまあ」といってなだめるのが彼の役目だった。

そしてその下で働いている社員ではちみついろより年下の青年がいた。

彼は中卒でこの世界に入ったらしく、まじめでとてもやさしかった。

そして人の痛みというものを感じることができるようだった。

だからはちみついろが仲間内から無視されていても

この彼だけは普通に話しかけてくれたし、親切にもしてくれた。

そしてこの彼がシフトを組んでいたのでいろいろはちみついろに便宜を図ってくれたと思う。

つまりできる限り、はちみついろの苦手な人とは一緒にしないということだ。

この社員3人のほかにHさんというベテランのパートさんがいた。

Hさんはバックヤードを仕切っていて同じパート仲間が3人ほどいた。

若い子たちからも一目置かれていてほとんど毎日シフトに入っていた。

はちみついろのバイトは学校が終わってからなので

5時から9時の間で仕事をしていた。

だからHさんとはほとんどあわずにすんだのだが

休日やクリスマスの時期はこの限りではなかった。

あるときHさんにいきなり「あんた、どんくさいのよ」

とはっきりいわれた。

はちみついろは「どんくさいって何?」と思ったものの、

鈍いとか垢抜けないという意味だということを感じ取った。

レジを抜けてテーブルをふくふりをしたはちみついろは思わず涙がこぼれそうになった。

みんなの前で言われたのでさすがの店長も気の毒そうな顔をした。

Hさんは悪びれる風でもなく、さっさと仕事を終えて帰っていった。

その日からはちみついろの立場はますます悪くなっていった。

そして社員の青年は他の店に移動することになり、

代わりにやくざ風の男が社員として入ってきた。

この男は妻子がいるのもかかわらず、仕事が長続きしなくてと

初対面のはちみついろにこぼしていた。

この男の態度が豹変するのに時間はかからなかった。

次第にはちみついろにつらく当たり始めたのである。

たぶん彼自身、いままで世間の冷たい風にあたって行き場のない怒りを

社内でつまはじきにされているはちみついろに目をつけていじめたのだろう。

こんな環境の中でバイトをするのは嫌だった。

しばらくしてはちみついろは副店長に電話でシフトは入れないでくださいとお願いした。

自分でもこの仕事は1年近く続けたので頑張ったつもりだった。

そしてもうこれが限界だと思った。

そんなある日、店から電話がかかってきた。

副店長が「どうしても人が足りないから来てくれ」という。

はちみついろはもう行きたくなかった。

正直に「やめますからいきません」と伝えた。

でも「困っているから来てくれ」と懇願された

はちみついろは意を決して行くことにした。

そこで待ち受けていたのは冷たい視線とあざけりだけだった。

仕事は仕事だと割り切ってシフトに入ったものの、

あからさまに同僚がはちみついろの悪口をいい、

はちみついろを呼んだ副店長も困った顔をしていた。

やくざ風の男ははちみついろが仕事を終え、

階段を上がっている途中のところまで追いかけてきて

「店長に対してお前は恩知らずの人間だ」

と怒鳴りながら叫び、捨て台詞のようにはちみついろを攻め立てた。

はちみついろはその声に耳をふさいでロッカーに駆け込んだ。

そしてここに来た事をひどく後悔した。

「もうここには二度と戻ってくるまい」

とはちみついろは固く心に決めて寒々しいロッカールームを後にした。




虐待の連鎖を断ち切る方法を知り、克服したいなら
  ↓

虐待専門カウンセラー岡田ユキの【虐待根絶マニュアル】〜機能不全家庭に育ったアダルトチルドレンのあなたへ。虐待のトラウマを解消できるAC判別法とは?



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録



人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


関連記事
押入れに入って息を殺して泣いた






スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • 15:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク