お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

人生の岐路

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


まほうのじゅもん その3 

すべてはうまくいっている


人気ブログランキングへ




JUGEMテーマ:カウンセリング


研修旅行に行く前に3年と4年の各学年で2人だけ出られる定期演奏会があった。この演奏会を目標にみんな日夜努力を重ねていた。はちみついろも1年の頃からS先生との葛藤があったり、いろいろあったがそれなりの努力は続けていた。学校の授業とバイトと教習所と個人レッスンではちみついろの手帳は真っ黒だった。学校のない長い休みもレッスン代を稼ぐために働くだけ働いた。

そしてその努力が実って3年の夏、選考試験でソロではなかったが演奏会にデュエットで出演できることになった。曲目はモーツアルトの魔笛から「パパゲーノとパパゲーナ」だった。はちみついろはドレスを選ぶときもわくわくした。チュールのついたサテン地の膝上の黄色いドレスに黒いタイツで役柄の鳥をイメージした。舞台の左右のそでからそれぞれパパゲーノとパパゲーナが出てくるという設定だった。当日は新宿のとあるホールで行われ、曲も演出もよかったようでお客さんをはじめ、関係者にも好評だった。

思えばはちみついろはいつもモーツアルトに縁があるような気がする。はちみついろが音楽の道に進んだのもS先生が「あなたの弾くモーツアルトに私はかなわない」と認められたからだった。モーツアルトのピアノの譜面自体はそれほど難しい訳ではなかったがこれに曲想をつけるのが難しいとS先生はいうのだった。もともとS先生はベートーベンが大好きで尊敬していた。ベートーベンのあの努力と不屈の精神に憧れていた。でもモーツアルトとベートーベンじゃ違いすぎる!とはちみついろは思った。S先生の音楽自体がベートーベン調だったのでS先生が弾くモーツアルトはごっつい感じがした。

ところで作家の向田邦子さんはいろいろな面に造詣が深く、クラッシックもその範疇にあったらしいのだがあるエッセイのなかで「私、ベートーベンってどうしても好きになれないの。なぜだか原因を調べてやろうと思ってベートーベンの講座にも通ったことがあったけどどうしても好きになれなかった」というくだりがある。「ああはちみついろと同じ感じ方の人がいる」と少し安堵した。

ベートーベンの第九の次第に高揚していく感じもいいと思うし、受験曲はベートーベンのソナタ第五番の1楽章だったのではちみついろはベートーベンには恩がある。でもその受験曲でしごかれたイメージがベートーベンの苦悩や不屈の精神とS先生のことが重なりベートーベンには申し訳ないけれどどうも重たい気分になってしまうのだった。その点、モーツアルトの曲は子供時代唯一自分を表現できる音楽だったのでこれはイメージの問題かもしれない。

とにかくその定期演奏会がきっかけで大学の付属の幼稚園に研修旅行から帰国して演奏しに行くことになった。この幼稚園は子供の親自身が教養があるとの前評判だった。だから当然、この幼稚園児たちは日常的にオペラやクラッシックといった音楽を耳にしている環境の子が多いというのである。そんななか私たちのデュエットがはじまると園児たちは大喜びで「アンコール、アンコ−ル」とかけ声と手拍子まで出るほどだった。

演奏会が終わった後、園長先生が私たちの先生に「いま音楽の専門の先生が欲しいので誰かいませんか」と打診したようだった。その話を先生は私に持ってこられた。卒業までに中高の教員免許は取れる見込みだったものの、幼稚園の免許はないからと申し上げると先生は「先輩でそういう人がいて働きながら免許を取ったから心配ない」という。「それより子供の心をあそこまでつかめる人はなかなかいないからやってみた方がいい」と先生は勧めてくださった。そして「ぼくが推薦するから」とまで言ってくださったのだった。



自分自身で心の傷の回復をしたいのなら
  ↓
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録



人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします



関連記事
ソウルメイト

スポンサーサイト

  • 2020.08.13 Thursday
  • -
  • 10:45
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク