お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

類は友を呼ぶ

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


まほうのじゅもん その6

私は、毎日穏やかで落ち着いています。

人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:カウンセリング


以前、心理学講座のなかで

3人一組になって相談者とカウンセラーとオブザーバーを交代でロープレしました。

それぞれ立場が違う人を演じると個々の気持ちがよくわかりました。

相談者のときはカウンセラーの共感を得て自分を次第にオープンにしていく感覚。

カウンセラーの時は相談者の気持ちに引きずられないよう、相談者の気持ちに寄り添うような姿勢。

オブザーバーは客観的にそれぞれの仕草をみることができ、また2人の間の空気感を感じることができました。

また、すべてのセラピーはカール・ロジャースの3つのカウンセリングの基本事項が基になっていると先生が言っていました。

1.受容・・・相手の言うことを一生懸命聴くこと。相手の価値観を受け入れる。

2.共感・・・相手の気持ちを同じように感じること。

3.自己一致・・・頭でただ理解するのではなく、心から理解し、自分も同じように思うこと。

だそうです。

それとカウンセリングのやり方としては3つの方法があり、

1.アドバイスを与える・・・別の問題を解決できない

2.相談者が自ら答えを出せるように考えを整理するための援助をする・・・これがベスト

3.相談者が答えを見つけられるように思考プロセスを誘導し、援助する・・・これは時間がかかる

ということなので2のやり方がカウンセラーの初心者には最適だそうです。

でもやってて思ったのは講座に来ている人はもともとそうしたことに興味がある人なので雰囲気が似ているし、共感も得やすいということです。

類は友を呼ぶとでもいいましょうか。。。

いままでちょっとない雰囲気でとっても自分が楽でした。



感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ


勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録



人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


関連記事

目標を持つということ