お気に入りに追加


人気ブログランキングへ
ランキングの応援をお願いします


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

はちみついろのプロフィール

profilephoto
■ニックネーム はちみついろ
■年齢 アラフォー世代
■住んでるところ とある海辺の町
■好きなたべもの カレーライス 


こんにちは。はちみついろです。
アダルトチルドレンとして
子供時代虐待があった
機能不全の家庭で
生き抜いてきました。
私がいまここに生きて耐え抜いて
これたのは音楽の力があったから。
そんな私のセレクトした
本や音楽を紹介します。

詳しいプロフィールはこちら

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録・解除
AC回復ナビ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

categories

archives

余計、はちみついろの不安は募りました

自己否定の苦悩の中にいる

アダルトチルドレンのあなたへ


まほうのじゅもん その8

今日も一日よく頑張りました。お疲れさま。

人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:カウンセリング



結局、下の子を検査した女性の臨床心理士は

とても相談相手にもならないひとでした。

やさしそうな相談員も困った顔をしていましたが

児童相談所の立場から臨床心理士の弁護をしていました。

結果的には、

「児童相談所は検査をするところであって

これ以上相談はできませんから

県の教育相談に行ってください。

何なら自費で診療受けたらどうですか?

うちに来ている心療内科の先生を紹介します。」

とのことでした。


ショックで打ちのめされているのにこの対応。

やさしそうに包み込んでくれたように感じた

相談員も最後はソワソワした感じで

「はやく立ち去って」

というのがわかるようでした。


下の子はそのころ、小学6年生でしたが

漢字があまり書けず、カタカナもあやしい、

鏡文字を書くなど

中学生になるのに問題満載でした。

だから不安で相談に行ったのです。

児童相談所にいったことで

余計、はちみついろの不安は募りました。


本来ならば、サポートしてくれるべき機関が

どうしてそういう態度をとれるのだろうと

とても不思議でした。


よく児童虐待で発見が遅れたなどと

ニュースでやっていますが

やはり児童相談所のそうした体質に問題点があるのではと

はちみついろは感じました。



自分を見つめなおすには
  ↓
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット



勇気を出してメルマガ創刊しました。登録はこちらから

AC回復ナビのメルマガ登録


人気ブログランキングへ

ランキングの応援をお願いします


関連記事
同じ臨床心理士として謝ります